「Siri」日常会話で反応する誤作動を解消! ロック中は反応しなくする設定方法!

Apple関連情報
この記事は約3分で読めます。

この記事で得られるもの

普段何気なく話している時に
Siri: 「すいません、よくわかりませんでした」
爆音でSiriが反応した経験はありますでしょうか?笑
ある人はご存知かと思いますが、あれびっくりするしなんといっても恥ずかしいですよねー(^◇^;)
それが会議中とかバスや電車の中で起こってしまうともう最悪、、
勝手に嫌われていくSiriでした。
ってならないためにもこの誤作動を無くすやり方をぜひ実践してみてください!!(^O^)/

Siriの設定場所

Siriの設定や変更は「設定」アプリから行えます!

設定アプリを開いたら、「Siriと検索」をタップしましょう(^-^)/

そしたら下の画面になると思います!ここからSiriについての設定や変更を行えます👍

「Hey Siri」での誤反応を防止する

さて、まずは「Hey Siri!」を聞き取らないようにする設定です!(^^)

「兵士に」や「天使に」など似たような言葉でSiriが反応してしまうことを防止します!笑

「え、Hey Siriを聞き取らなくしたらもうSiriの意味ないじゃん!」

と思うかもしれませんが、安心してください!

Siriはホームボタン長押しやサイドボタン長押し(ホームボタンがない機種)でSiriを呼び出すことができます(^o^)

では設定方法ですが、

「”Hey Siri”を聞き取る」

をオフにすればいいだけです(^。^)

たったこれだけです笑

ボタン長押しでの誤反応を防止する

次はボタンの長押しで反応してしまう事件の解決方法です!

ポケットに入れてる時に何かとぶつかっていたり、下敷きになってたりするとサイドボタン(ホームボタン)が長押しされていたーみたいなシチュエーションあると思います(^◇^;)

そんな時にSiriが反応する、と笑

会議中とか電車の中だったら最悪ですね😭

解決しましょう!

「サイドボタンを押してSiriを使用」をオフにしましょう!

サイドボタンというのは電源ボタンのことです!

⚠️実は機種によってボタンによるSiriの起動方法は異なります。。。

ホームボタンがある機種はSiriの起動はホームボタン長押し。

ホームボタンのない機種は電源ボタンの長押しでSiriを呼び出すことができます。

どちらにせよ長押しで反応して欲しくないって人は、必須の作業になりますね笑笑

ロック中はSiriを一切起動しないようにする

最後はロック中は一切Siriを受け付けなくする設定です!

「ロック中にSiriを許可」をオフにすればロック中に話しかけようがボタンを長押ししようが反応しなくなります!

ただしロック解除中はSiriが起動するので注意してください笑

まとめ

Siriは便利な機能であっても上手く使いこなせなかったり、誤作動してしまったりすると邪魔者になってしまうことでしょう。。。

慣れてしまえば難しい機能ではないので、少しでもSiriを活用してみてはいかがでしょうか?
今までSiriを使わなかったことが嘘のようになるでしょう!笑

ぜひより良いSiriライフを♪

タイトルとURLをコピーしました