「株」「投資信託」を始める際の注意点?!手続きや必要書類で時間がかかってしまう理由!(失敗談)

FIRE
この記事は約5分で読めます。

数々のメディアで株やFX、資産運用が騒がれており、

「私もはじめてみようかなー♪」

ってことで投資デビューする人も少なくありません!

しかし思い立ったらすぐ始められるわけではなく、取引を行えるまで結構な時間と手間が必要になってきます😓

そこでこの記事でははじまりでつまづくことの無いように、筆者の経験をもとにスムーズに取引を行うための事前準備をおすすめします♪

この記事を理解することでいざ資産運用などをはじめる際に、提出書類の不備や手続きを初めからやり直したりなどの面倒を防ぐことができるでしょう!😊

早期経済的自立(FIRE)を目指す20代会社員。
投資信託をはじめとする「資産運用」を行うことで、不労収入を得ることを目標として
日々ニヤニヤしながら経済活動中😆

各種手続きのパスワード類を忘れて思い出す工程が必要

ズボラな人ほど共感してくれるはず。

会員登録時のIDやパスワードを忘れることってよくありませんか?笑

私は忘れやすいのでメモはするのですけど、メモの仕方が下手すぎて結果パスワードを間違って忘れてしまっているのと変わらない人間です😂

投資信託の取引にはクレカ決済や銀行口座からの入金など他サービスを紐づけて行くことになります。

その際に格サービスのIDとパスワードを要求されるのですが、もしこれを忘れてしまっていると「パスワードを忘れの方はこちら」をクリックするハメになります笑

これは要するに手間が増えるわけです!

タイムロスにもつながりますし、何よりやる気が削がれます😅

あげくの果てにはパスワードを思い出して手続き中のページに戻ると、

「ページの有効期限が切れました。ホームに戻ります。」

なんて言われたりして笑
結局初めからやりなおす羽目に😓

せっかくなのでここはグッと堪えて思い出すのに徹しましょう!

そして投資を始めるにあたって今後もID・パスワードはどんどん増えていくので、確実にメモしていくようにしましょう♪

ゆうちょ改悪に伴った手続きの手間

これはゆうちょ銀行を使っている方に向けてのお話ですが、積立投資を行うためには証券口座を開設してそこにお金を入金する必要があります。

私はメインバンクをゆうちょ銀行にしていたので、「ゆうちょ銀行→証券口座」という形で送金を行う予定でした。

そしたらなんということでしょう、ネットで送金を行える「ゆうちょダイレクト」が改悪されているではありませんか!😂

具体的には「ゆうちょ認証アプリ」というものを使わないと送金を行えませんと。

さらにさらにそのアプリで「生体情報」と「ご本人様確認」を行わなければならないと。

これにより投資信託を始める前に別の大きな壁が立ちはだかりました泣笑

まぁ言われるがまま手続きを行えば良いのですが、「ご本人様確認」には確認書類として「マイナンバーカード」または「運転免許証」の確認が必要でした。

私はマイナンバーカードを申請していなかったので免許証で登録を行おうとしたのですが、「免許証の暗証番号」の入力をせがまれました💦

「え、覚えてないよ??」

っとなった私はなんだかんだこの手続きで1週間以上時間を取られました😂

みなさんはマイナンバーカードはありますか?
免許証の暗証番号は覚えていますか?

ゆうちょに怒りを覚えた1週間でした笑

株取引が心配すぎてなかなか始められない

投資信託や積立nisaはいくら資産形成で活用されているからといって、それでも心配だったり怖いものです。

だって損をするリスクがあるんですよ?

「おすすめなの?はい、じゃやりまーす!」なんて軽いノリで始められる訳ないじゃないですか笑

投資信託について調べたり勉強したり、100円だけ購入してみようかなとか意味わかんない行動をしてみたり笑

なんだかんだで私の場合は投資信託を決意するのに2週間くらいかかりました😅

心配性なだけです笑
しかし知識を持っておくことはとても重要です!

なぜなら資産が減るわけですから。
稼ごうと思って減ってしまっては本末転倒です!

かといっていつまでも始められずにいるのももったいないので、正しい知識を素早く収集していきましょう♪

ちなみに私が株の勉強に使った本があるので紹介しておきます😄

取引が始まるまでに日数が必要

株や投資信託を始めようと思って今すぐ動き出しても、最初の取引が始まるまで約1ヶ月ほど時間がかかってしまいます。

それは以下のような段取りが存在するからです↓

  1. 証券講座開設に伴う審査期間がある
  2. 銘柄買い付け後、「初回購入日は来月○○日からです」って言われる

それぞれ解説していきます!

1.審査期間は1週間程度

証券講座を開設する際に個人情報を入力するのですが、その後内容が承認されるまで約3日から1週間程度の審査期間が存在します。

基本的には承認される方向で進むと思いますが、日数が経つと記憶が曖昧になってしまうものです。。。

例えばよくあるのは「IDやパスワードを忘れてしまった」や「審査合格後はどうすればいんだっけ?」という壁にぶち当たります笑

忘れないようにメモっておけばいいじゃん!っと思うかもしれませんが、証券講座申請時にさまざまなパスワードやIDが手渡されるのです。

例えばには「会員番号」「ログインID」「ネットログインID」や
「ログインパスワード」「取引パスワード」「仮パスワード」などなど。(紛らわしい!!!笑)

単に「ID:○○○○」ってメモっているだけではいざ求められた際に、

「え、IDのメモが3つあるけどどれだろう。。。」

ってなりかねないので、審査期間中に忘れないよう確実にメモを残してじっと待つようにしましょう♪

2.取引開始は基本的に翌月から

証券講座の開設も無事に終わらせ、購入したい銘柄もやっと決まり、さぁ念願の投資生活がスタートだぜー!って思ってもまだ始めることができません笑

手続き上は購入となっていてもできたのは購入手続きであって、実際に料金が支払われて株や商品を保有できるのは基本的に翌月からになります!

例えば「積立nisa」を1月から始めよーっておもって1月に申し込んでも、始められるのは2月からの積立になります!

もしかしたら1月の下旬とかに申し込めば2月を通り越して3月からの積立開始になってしまうこともあります💦

もちろん積み立てている最中に「銘柄の変更」や「銘柄の積み立て解除」申請も、手続き日の翌月以降の反映になってしまうので、早めの判断と早めの取引を行う必要があります!

かといって慌てて手続きを行なって失敗してしまってもよくないので、この手続き反映来月問題はとても難しい問題だと私は思っています笑

FIRE
スポンサーリンク
シェアする
ロゼをフォローする
ロゼブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました